上位を目指せ!大会3日目予選最終戦

上位を目指せ!大会3日目予選最終戦

2016.03.7 / イベント

大会3日目、2グループの1位〜4位が決まる予選リーグ最終戦が行われました。

沖縄大学 対 香港大學
沖縄大学 対 香港大學

第1試合は、沖縄大学と香港大學が対戦。
帰国後の国内大会を見据えて抑え気味に入るかと思われた香港でしたが、今大会初勝利を目指し、体を張った守備をみせます。
しかし、決定機を確実にものにした沖大が前半1点、後半2点を挙げ勝利しました。

名桜大学 対 沖縄国際大学FC

第2試合は、名桜大学と沖縄国際大学FCが対戦。
予選2連敗の名桜と2試合1-1ドローで勝利が欲しい沖国FCの試合は、両チームともに良いプレーひとつひとつに
ピッチとベンチから声がよく上がる好試合になりました。
前半、沖国FCが先制、名桜が同点に追いつき、その勢いで逆転。後半、開始直後に沖国FCが同点ゴール。
どちらに決勝点が入るか会場中が注目するなか、後半37分、沖国FCが得点し、3-2の逆転勝ちをおさめました。

沖縄国際大学 対 澳門大學

第3試合は、沖縄国際大学と澳門大學が対戦。
予選2試合で13得点1失点の沖国と予選1勝1敗の澳門の試合は、沖国が圧倒的にボールを支配し、6-0で大勝しました。
試合中、沖国・島袋総監督は「選手たちはまだできるはずだ。ストレスが溜まる」と物足りない様子でしたが、
試合後には「大会は明日まで。試合も大事だが、招待チームに良い思い出を作ってもらえるよう、しっかりもてなすように」
とあたたかい言葉を選手たちに送っていました。

琉球大学 対 国立台湾体育運動大學

第4試合は、琉球大学と国立台湾体育運動大學が対戦。
ともに予選1勝1分の両チームが予選1位突破をかけて激突しました。
得失点差で1点上回る台湾が試合開始直後に得点し、ボールをしっかり回して主導権を握ります。
琉大が徐々にボールを奪えるようになり互角の戦いになりますが、前半終了間際、GKの飛び出しをうまくかわしたループシュートで台湾が追加点。
琉大は最後まであきらめずボールを運びますが、得点は奪えず。
台湾が勝ってグループ1位となりました。

これで予選リーグ全試合が終了し、AグループとBグループの1位〜4位が決まりました。

成績表
成績表 (PDF)

明日の大会最終日は、同順位チーム同士の順位決定戦!
1つでも上の順位を目指した熱戦、そして、優勝をかけた1位同士の対決、どの試合も楽しみです!!

【大会3日目試合結果】

第1試合

沖縄大学 vs 香港大學
3-0
(前半1-0 後半2-0)

第2試合

名桜大学 vs 沖縄国際大学FC
2-3
(前半2-1 後半0-2)

第3試合

沖縄国際大学 vs 澳門大學
6-0
(前半4-0 後半2-0)

第4試合

琉球大学 vs 国立台湾体育運動大學
0-2
(前半0-2 後半0-0)

■Aグループ順位

1位 沖縄国際大学
2位 沖縄大学
3位 澳門大學
4位 香港大學

■Bグループ順位

1位 国立台湾体育運動大學
2位 沖縄国際大学FC
3位 琉球大学
4位 名桜大学